ポンプ|ソレノイド駆動定量ポンプ PZi

この製品のお問い合わせ
この製品のデータ

PZi

特長

注入量をダイレクトに入力、3パターンの注入量設定が選択可能

ストロークスピードによる設定

設定範囲
1~300strokes/min(1strokes/min毎に設定可)

吐出量による設定

設定範囲
0.1~(選定機種最大吐出量)mL/min(0.1mL/min毎に設定可)

パーセントによる設定

設定範囲
1~100%(最大ストローク数(300strokes/min)を100%として、1%毎に設定可)

フリー電源

AC100~240V(±10%)と現場の供給電圧や電圧変動を気にする必要がありません。また、様々な現場・用途にお使いいただけるので、安心して在庫していただけます。

高粘度液対応

ポリマー(高分子凝集剤)の注入にもお使いいただけます。

  • 高粘度液の移送においては、液性・条件などにより規定の最大吐出量を下回る場合があります。高粘度液を移送される場合は、別途、ご相談ください。

豊富な接液部材質で、幅広い薬液・用途に対応

見やすい表示パネル&カンタン操作キー

PZiシリーズ:ストローク長調節ダイヤル、パイロットランプ、バックライト付き*液晶表示パネル(*バックライト付はPZi8のみ。)、モードキー、DOWNキー、UPキー、スタート/ストップキー

設置場所にあわせて選べる3方向首振りヘッド

装置組込みに便利な分離型ヘッド&コントローラ

防水防塵仕様

IEC規格
IP65相当

PZi4・PZi8のみの機能

アナログ入力比例制御

外部からのアナログ入力信号(4~20mA)に応じて、注入量(ストロークスピード:0~300strokes/min)を設定可能。pH・残留塩素制御など、幅広い用途にお使いいただけます。

モータ駆動ポンプの場合・インバータが必要・1:10(6~60Hz)と制御範囲がせまく、細かな制御ができない・1strokeの吐出量が多いため原液をうすめ、濃度調整する必要あり PZDM/PZi4/PZi8の場合・インバータ不要・1:300(1~300strokes/min)と広範囲で細かな制御が可能・1strokeの吐出量が少なく、原液注入が可能

外部停止入力制御

外部からのポンプ停止信号入力で、ポンプのON/OFF制御が可能。レベル計などとの連動で、カンタンに薬注制御が行えます。

パルス入力比例制御

外部からのパルス入力信号に応じて、注入量(1/9999~9999strokes/pulse)を設定可能。パルス発信式流量計などとの連動で、様々な自動制御がカンタンに行えます。

PZi8のみの機能

2点式レベル計制御

タンク内の薬液残量に応じ、警報表示・出力、ポンプ停止などの制御を行います。

カウント運転(バッチ注入制御)&インターバル運転(タイマー注入制御)

  • カウント設定

    1~9999strokes(×1,×10,×100,×1000)

  • インターバル設定
    ON時間
    1~9999min
    OFF時間
    1~9999min

この製品に関するお問い合わせはこちらから