用語集

超臨界流体

液体でも気体でも固体でもない状態にある物質で、その物質が持っている固有の「臨界点」を超えた温度、圧力域にある非凝縮性流体のことです。

この流体は、液体的な性質と気体的な性質の両方を持ち合わせ、密度は気体に比べて数百倍大きく、限りなく液体に近いが粘性は気体並みです。言い換えるなら、液体に匹敵する高い分子密度を持ち、気体分子と同等の運動エネルギーを兼ね合わせた流体です。

高溶解力と高拡散性を併せ持ち、表面張力がないのも大きな特長です。

関連製品
超臨界二酸化炭素供給装置
  • 当ホームページに掲載されている情報の正確性については万全を期すよう努めておりますが、当社は利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません