業界から探す|食品・医薬・バイオ|納入事例 濃縮果汁移送で異物混入を解消

お客様の課題・要望

既設の回転式ポンプで、濃縮果汁(最高粘度20,000mPa・s)を原液タンクから充填機タンクへ2t/h移送しているが、以下の問題があった。

  • 摺動部から摩耗粉が発生していたため、頻繁に分解して検査する必要があった。
  • 分解すると外気に触れるため菌発生のリスクがあった。
  • 専門メンテナンス員が必要なうえ、交換部品が高価なためメンテナンスコストが高い。

改善策・メリット

  • ダイヤフラムポンプは摺動部がないため、異物混入がない。
  • 検査分解が不要になったため菌発生のリスクが減った。
  • 分解・部品交換・組み立てが容易なので、専門メンテナンス員を呼ぶ必要がなくなり、また消耗部品が安価なのでメンテナンスコストが削減できた。

フロー図

Before:濃縮果汁をロータリーポンプで送液した場合、摺動部から摩耗粉が発生 After:濃縮果汁をスムーズフローポンプAPLSで送液した場合、異物混入しない

写真

製品紹介

スムーズフローポンプ APLS

関連する主なタクミナの納入事例