ポンプ|樹脂製耐酸スラリーポンプ(渦巻きポンプ) MUNSCH(ムンシュ)

この製品のお問い合わせ
この製品のデータ

MUNSCH(ムンシュ)

特長

成形・加工工程を経て、PE-UHMWの耐摩耗性は高クロム鋳鉄と比較して約4倍に!

優れた耐酸・耐摩耗性

厳選された無垢の樹脂素材を厚肉一体成形。フッ酸や混酸などに対する耐酸性に優れているのはもちろんのこと、エロージョン(全面摩耗)や、急激な温度変化等による破損の心配もありません。

流体解析を経て、セミオープン・タイプやクローズド・タイプへ設計・加工

3D精密加工による高効率インペラ

お客様の仕様・用途に合わせて、オーダーメイドで設計・加工。流体解析による最適3D設計で、動力の低減・低NPSH・低騒音化を実現します。

インペラ部・メカニカルシール部分解図

メカニカルシールの分解・組立てが簡単

部品点数を極力減らしたうえ、特殊工具も必要なく、分解・組立てが簡単。さらには1コイル構造により、メンテナンス後の微調整も不要。また、部品の共通化により、複数台設置されても、部品の在庫管理が容易です。

幅広い薬液・用途に対応

PPは0~95℃で使用可能で酸・アルカリに強く安価、PVDFは-20~110℃の広範囲温度条件で使用可能で酸に強く引っ張り・曲げ・せん断強度に優れ、PE-UHMWは-20~80℃で使用可能で酸・アルカリに強く耐摩耗性に優れ、PFAは-20~150℃の広範囲温度条件で使用可能で酸・アルカリに強いという特徴があります。なお使用条件により、最高使用可能温度が低くなる場合があります。

用途で選べるメカニカルシール構造

ダブル・メカニカルシールは有害な液や結晶化する液を移送する場合に使用し、外気との接触や外部への流出を防ぎます。移送液にスラリーを含む場合には運転中にも連続的に洗浄を行い、回転環・固定環をスラリーによる損傷から守ることができます。ポンプ停止中に回転環・固定環のシール部分の洗浄を行う機能は、移送液が凝固したり、結晶化する場合に有効です。

用途例

排ガスの脱硫処理

この製品に関するお問い合わせはこちらから