用途・事例発火性の薬品ブチルリチウムを高圧で移送

液の種類
プロセス・用途
業界・分野
課題・テーマ

ユーザー

国立大学(工学研究科)様

お客様の課題・要望

有機合成の実験でマイクロリアクターに薬液を微量供給する。

  • 反応を厳密に制御するため、脈動のない連続一定流で送液しなければいけない。
  • 移送液はブチルリチウムで、空気にふれると発火するため、漏らしてはいけない。
  • 細い流路に液を注入するため、10MPaの吐出圧力が必要。
  • 配管閉塞などに備えて安全対策が必要だが、配管に安全弁等の枝配管を付けられない。

タクミナのソリューション

スムーズフローポンプを提案し、ご採用いただいた。

  • 脈動のない連続一定流で液を供給できるため、反応を制御しやすくなった。
  • 軸封部を持たない完全密閉構造なので、液を漏らさず安全に移送できるようになった。
  • ポンプ駆動部の機構を改良することで、高圧に対応できるようになった。
  • ポンプ本体にリリーフ機構を内蔵しており、圧力の異常上昇を防止できる。

写真

画像を拡大する

使用製品

関連記事

BSジャパン『ものづくりの挑人たち』放映動画

Feasibility Study on Continuous Flow Controlled/Living Anionic Polymerization Processes (American Chemical Society)