ポンプ スムーズフローポンプ

あらゆるニーズにそれ以上のパフォーマンスで応える課題解決型ポンプ

Smoothflow Pump

精度・能力といった基本性能をはじめ、
使い勝手や安全性、メンテナンス性まで、
ポンプに要求されるあらゆる要素を凝縮しました。

脈動がない

流量精度に優れた往復動式ポンプでありながら、独自の機構で脈動のない連続一定流を作り出します。薄膜塗工やフロー合成など、最先端プロセスのシビアな要求にもお応えできる精度です。

[ 関連事例 ]

スラリーに強い

接液部に摺動する部品がないため、粒子の噛み込みや部品の摩耗といったトラブルが起こりにくい構造です。
粒子の比重や粒子径などに応じてポンプをカスタマイズし、従来移送が難しかった液にも対応できます。

[ 関連事例 ]

液が漏れない

軸封部を持たない完全密閉構造で、液漏れがなく、危険な薬品も安全に移送できます。
締付調整などの面倒な作業からも解放されます。

[ 関連事例 ]

TCOを削減

部品の摩耗がほとんど発生しないため、新品時のパフォーマンスを長期間維持できます。消耗品の交換やオーバーホールなどの費用を抑え、TCO(総保有コスト)ある設備などの資産に関する、購入から廃棄までに必要な支出の総計。イニシャルコストだけでなく、保守・運用・維持のための人件費や外注費など、目に見えにくいコストも含めた総費用を言う。を削減できます。

[ 関連事例 ]

すぐれた流量精度

ポンプ内部に逆止機構を備えているため、定量性・再現性に優れています。吐出側の圧力が変動してもほとんど影響を受けず一定量を供給できます。

[ 関連事例 ]

液を変質させない

移送液をかき回したり、シア(せん断)をかけたり、摩擦熱を与えたりすることがないため、デリケートな液も変質させずに移送できます。液が外気に触れることもないため、酸化や硬化、気泡混入などのトラブルも防止できます。

[ 関連事例 ]

幅広い流体に対応

水状の液からペースト状の高粘度液、高濃度スラリー液まで、さまざまな流体を移送できます。
腐食性の液や有機溶剤、高温液など、液の性質に応じて耐久性の高いポンプをご提供します。

[ 関連事例 ]

制御性がよい

脈動のない連続一定流なので、流量計を使った制御が可能です。応答性がよく、低流量域でも高流量域でも規定量を正確に吐出するため、流量比例や濃度比例の制御もシンプルかつ確実に行えます。

[ 関連事例 ]

異物混入がない

接液部に摺動する部品がないため、摩耗粉が移送液に混入する心配がありません。軸封部のような狭い隙間がないため洗浄性がよく、液替えを行う用途でもクロスコンタミのリスクを最小化できます。

[ 関連事例 ]

長距離配管でも安心

脈動がないため、配管振動や圧力損失を最小限に抑えることができ、エアチャンバーも不要です。長距離や高揚程の条件でも、小口径の配管でコストを抑え、安全に液を移送できます。

[ 関連事例 ]

メンテナンスが簡単

汎用工具で簡単に分解・組立ができ、誰が組み立てても分解前と同じ性能を得ることができます。消耗部品が少なく寿命も長いため、メンテナンスの頻度も、1回ごとの時間も大幅に削減できます。

[ 関連事例 ]

従来のポンプとの比較

スムーズフローポンプ

高精密等速度カムによって複数のダイヤフラムの動きを精密に制御し、無脈動、定量、高精度な送液を実現しました。
ダイヤフラムポンプの特長を兼ね備え、優れた精度とパフォーマンスでニーズにお応えする。それがスムーズフローポンプです。

ダイヤフラムポンプ

従来のダイヤフラムポンプには、定量性や、液漏れしないなどのメリットがありました。
しかし、機構上、振動や騒音の原因となる”脈動”と呼ばれる現象が発生します。

ダイヤフラムポンプ+エアチャンバー

従来のダイヤフラムポンプの脈動を抑える方法として、一般的にエアチャンバーなど脈動減衰器が利用されます。
しかし、応答性が悪くなり、エア補給に手間やコストがかかるなど問題があります。

回転式容積式ポンプ

歯車ポンプ(キヤポンプ) 偏芯ポンプ(ベーンポンプ) 単式ネジポンプ

回転式容積式ポンプは元々脈動が無く連続的な流れです。しかし、回転する部分と回転しない部分が擦れあうため
摩耗や液漏れなど問題が発生する恐れがあります。

スムーズフローポンプがその悩みを解決します!

今お使いのポンプに液漏れ、異物混入、液の変質、メンテナンスしにくいなど不満や悩みはありませんか?

スムーズフローポンプは、これらの悩みをトータル的に解消できる万能ポンプ。

スムーズフローポンプに関するお問い合わせはこちらから