用途・事例最新鋭の浄水場で各種薬液を安定注入

液の種類
プロセス・用途
業界・分野
課題・テーマ

ユーザー

横浜市水道局 川井浄水場様

お客様の課題・要望

新しく建設する浄水施設において、以下の薬品を注入するポンプが必要。

  • pH調整剤(硫酸)
  • 吸着材(粉末活性炭)
  • 凝集剤(PAC:ポリ塩化アルミニウム)
  • 消毒剤(次亜塩素酸ナトリウム)
  • 活性炭はスラリーのため、摩耗したり粒子を潰したりしないポンプが必要。
  • 毎秒約2トンで流れる水を確実に消毒するため、適切な量の次亜を安定的に注入できるポンプが必要。
  • 人員削減や緊急時の対応のため、自分たちでメンテナンスできるポンプを使いたい。

タクミナのソリューション

それぞれの用途に最適なスムーズフローポンプを選定、納入させていただいた。

  • 硫酸用:耐食性にすぐれたPVDF製ヘッドのポンプ。
  • 活性炭用:耐摩耗性にすぐれた活性炭専用ポンプ。
  • PAC用:結晶化によるトラブルが起こりにくいダイヤフラム方式のポンプ。
  • 次亜用:処理量の変化に対応できるよう、1:100のワイドレンジ制御が可能なポンプ。
  • いずれの薬品もトラブルなく安定的に注入できている。
  • ポンプが小型で扱いやすく、お客様自身で部品交換などのメンテナンスが可能。

写真

画像を拡大する

使用製品

詳細情報

【納入事例】横浜市水道局 川井浄水場様