サラファインとは

サラファインウォーターとは食品添加物である次亜塩素酸ナトリウムと食品添加物のpH調整剤を混合して生成した殺菌水のことです。

メカニズム

pH値が殺菌力を左右します。 殺菌力を上げるため、次亜濃度を上げる 次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性なので、濃度が上がるとpH値も上昇 - 殺菌効果の高いHOCIの存在率が大幅に低下 殺菌力は上がるが、効率が非常に悪い - 殺菌水を弱酸性にし、HOCIの存在率を極限までUP 殺菌力UP!! それが、弱酸性次亜水サラファインウォーター

有効塩素とpH値の関係を示したグラフ pH値 7未満:酸性 7:中性 7超過:アルカリ性、塩素ガス(Cl2)pH 0-4.6:危険、次亜塩素酸分子(HOCl)pH 0-10で有効塩素存在率が100%に近いところが殺菌効率が高い、「サラファイン ウォーター」 pH 5.5-6.5、次亜塩素酸ナトリウム水 pH 7.0-8.6、高濃度次亜塩素酸ナトリウム水(20~20mg/L) pH 8.6-9.55、次亜塩素酸イオン(OCl-) pH 9.55-14:殺菌効率が低い

サラファインウォーターは食品に使用できます

厚生労働省ホームページ
次亜塩素酸ナトリウムに酸を混和して使用することについて(平成16年8月25日付食安基発第0825001号基準審査課長通知)[PDF:39KB]

殺菌力

インフルエンザウィルス

ウイルス感染価の残存率 精製水:100% サラファインウォーター(50mg/L pH6):1%以下

試験概要
検体にインフルエンザウイルス浮遊液を添加、混合し、作用液とした。室温で作用させ、経時的に作用液のウイルスを感染価を測定した。
対照
精製水
作用温度
常温 30秒の作用時間後の測定値。図は当社作成
試験依頼先
財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日
2009年10月26日
試験成績書発行番号
第090025003号

ノロウィルス(ネコカリシウィルス)

ウイルス感染価の残存率 精製水:100% サラファインウォーター(50mg/L pH6):1%以下

試験概要
検体にネコカリシウイルス浮遊液を添加、混合し、作用液とした。室温で作用させ、経時的に作用液のウイルス感染価を測定した。
対照
精製水
作用温度
常温 60秒の作用時間後の測定値。図は当社作成
試験依頼先
財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日
2007年6月5日
試験成績書発行番号
第207022220-002号

大腸菌

試験水温:20°C 処理時間:1分 有機物の添加:酵母(0.5%) ※Capacity tests(kelsey-Skyes法)における「不潔な条件下での殺菌評価試験方法」に基づいた計測結果、菌数 Log(cfu/mL) 水道水:8 次亜塩素酸ナトリウム水(100mg/L pH9):5.9 サラファインウォーター(100mg/L pH6):検出限界以下

黄色ブドウ球菌

試験水温:20°C 処理時間:3分 有機物の添加:酵母(0.5%) ※Capacity tests(kelsey-Skyes法)における「不潔な条件下での殺菌評価試験方法」に基づいた計測結果、菌数 Log(cfu/mL) 水道水:7.5 次亜塩素酸ナトリウム水(100mg/L pH9):5.25 サラファインウォーター(100mg/L pH6):検出限界以下

セレウス菌(芽胞)

芽胞に対する殺菌効果グラフ(1ml当たりの生菌数測定結果) 次亜塩素酸ナトリウム水(50mg/L pH-8.40) サラファインウォーター(50mg/L pH-6.00)、菌数(Log:10のn乗) 開始時…次亜塩素酸ナトリウム水:5.0 サラファインウォーター:5.0、30秒後…次亜塩素酸ナトリウム水:4.5 サラファインウォーター:4.25、60秒後…次亜塩素酸ナトリウム水:4.3 サラファインウォーター:3.8、180秒後…次亜塩素酸ナトリウム水:4.1 サラファインウォーター:1.0

試験概要
検体にセレウス菌(芽胞)の菌液を接種後、20°Cで保存し、経過的に各試験液中の生菌数を測定した。開始時の生菌数は、菌液接種直後の対照の生菌数。
対照
精製水
保存温度
20°C 30秒、60秒、180秒の処理後の菌数を示す。図は当社作成
試験依頼先
財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日
2007年4月3日
試験成績書発行番号
第207022220-001号

枯草菌(芽胞)

”芽胞に対する殺菌効果グラフ(1ml当たりの生菌数測定結果) 次亜塩素酸ナトリウム水(50mg/L pH-9.23) サラファインウォーター(50mg/L pH-6.00)、菌数(Log:10のn乗) 開始時…次亜塩素酸ナトリウム水:5.75 サラファインウォーター:5.75、30秒後…次亜塩素酸ナトリウム水:5.6 サラファインウォーター:5.3、60秒後…次亜塩素酸ナトリウム水:5.75 サラファインウォーター:4.1、180秒後…次亜塩素酸ナトリウム水:5.75 サラファインウォーター:1.0

試験概要
検体に枯草菌(芽胞)の菌液を接種後、20°Cで保存し、経過的に各試験液中の生菌数を測定した。開始時の生菌数は、菌液接種直後の対照の生菌数。
対照
精製水
保存温度
20°C 30秒、60秒、180秒の処理後の菌数を示す。図は当社作成
試験依頼先
財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日
2007年4月3日
試験成績書発行番号
第207022220-001号

黒こうじカビ

サラファインウォーターと次亜塩素酸ナトリウム水の効果比較グラフ(1ml当たりの生菌数測定結果) 次亜塩素酸ナトリウム水(100mg/L pH-9.73) サラファインウォーター(100mg/L pH-6.00)、菌数Log(cfu/mL) 開始時…次亜塩素酸ナトリウム水:5.5 サラファインウォーター:5.5、30秒後…次亜塩素酸ナトリウム水:5.25 サラファインウォーター:4.5、60秒後…次亜塩素酸ナトリウム水:5.75 サラファインウォーター:3.5、180秒後…次亜塩素酸ナトリウム水:5.5 サラファインウォーター:1.75

試験概要
検体に黒こうじカビの菌液を接種後、20°Cで保存し、経過的に各試験液中の生菌数を測定した。開始時の生菌数は、菌液接種直後の対照の生菌数。
対照
精製水
保存温度
20°C 30秒、60秒、180秒の処理後の菌数を示す。図は当社作成
試験依頼先
財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日
2007年12月20日
試験成績書発行番号
第207110673-001号

安全性

安全性試験

ラットによる急性毒性試験・ウサギによる皮膚刺激性試験・ウサギを使った眼刺激性試験…異常なし

金属腐食試験

[浸漬水濃度:20mg/L]次亜塩素酸ナトリウム…38日浸漬後 重量変化:0.0% 外観検査:変化無、サラファインウォーター…38日浸漬後 質量変化:0.0% 外観検査:特に変化無 [浸漬水濃度:50mg/L]次亜塩素酸ナトリウム…38日浸漬後 重量変化:0.0% 外観検査:変化無、サラファインウォーター…38日浸漬後 質量変化:0.06% 外観検査:変化無 [浸漬水濃度:100mg/L]次亜塩素酸ナトリウム…38日浸漬後 重量変化:0.0% 外観検査:変化無、サラファインウォーター…38日浸漬後 質量変化:0.0% 外観検査:変化無

塩素ガス発生量比較

塩素ガスの発生を抑制 ガス検知管による塩素ガス発生濃度 塩素水(濃度150ppm)のpH値 従来方式:1.75ppm サラファイン:0.5ppm

試験概要
各方式により生成した水の塩素ガス濃度をガステック社製検知管で測定

サラファインに関するお問い合わせはこちらから