撹拌機器|静止型混合器 スタティックミキサー

スタティックミキサーのシンプルで独特な形状のエレメントは混合のみならず、高品質な製品の製造に欠かせない物となっています。新プロセスの開発・新製品の開発にお役立てください

混合

液体を確実に混合します。

混合のプロセスには、希釈、中和、分散、抽出等があります。

スタティックミキサーは、分割、転換、反転の3つの混合原理により、さまざまな混合プロセスに適合できます。

従来のバッチ方式に比べ、再現性に優れ、正確で均一な混合ができます。またスタティックミキサーは省メンテナンスコスト、省エネルギー、省スペースに貢献します。種々のご要望にお応えできる広範なバリエーションを取り揃えております。

均質化

スタティックミキサーは配管内を流れる液体の流速,温度,粘度,濃度を均一なものとする

流体を確実に均質化します。

配管内を層流で流れる液体は流動中に不均一になり易く、この状態は自らは解消されません。そのため、温度ムラ、粘度ムラを生じ、製品のバラツキの原因となっています。

スタティックミキサーの混合効果はミキサー内の半径方向に流体を均一なものとします。またスタティックミキサーは形状がシンプルで流体の滞留部分がほとんどありません。

樹脂成形品の成形時の溶融原料の均質化、温度・濃度センサーの検出部前での均質化による測定精度の向上などに貢献します。

直接加熱

従来の加熱システムは液体の加熱に時間を要する ノリタケクッカーは液体を瞬時に過熱する

短時間で加熱するので加熱ムラや焦げ付きもありません。

スチームを直接液体中へ注入し、凝縮させることにより、スチームの持つ高い熱量(約650kcal/kg)を液体に伝達して加熱するプロセスです。スチームはスタティックミキサーにより微細化され、凝縮は瞬時に完了します。これにより加熱に要する時間はきわめて短くなります。

さらに、スタティックミキサーの混合効果で均一な加熱が達成できます。ABS製造工程における塩析後の加熱、PVCスラリーの加熱、プリンの殺菌などに利用できます。

熱交換

従来の機器は温度差が出る スタティックミキサーは温度が均一

熱交換効率が大幅に向上します。

スタティックミキサーの流れの転換作用により管壁部の境膜抵抗は減少し、熱交換効率が大幅(3~5倍)に向上します。高粘性流体になればなるほど顕著な成果として現れます。

またスタティックミキサーの転換作用は管壁部と中央部の流体を入れ替え、流体が熱媒温度に長時間さらされることを防ぎ製品の劣化、変質を防止します。

シリコンオイルの加熱や、食品製造プロセスでの冷却などさまざまな分野の熱交換プロセスに利用できます。

反応

空管は流速がちがう→反応時間がちがう スタティックミキサーは効率のよい熱の授受により管内の速度分布も均一化されてピストンフローを形成する

インライン型連続反応器として優れた効果を発揮します。

スタティックミキサーによって生み出されるピストンフローと反応熱を効率良く授受する熱交換作用により実現できたプロセスです。ポリマーの連続重合反応、マレイン化反応など、化学工業での反応プロセスを構築できます。

ガス吸収

空管は気泡が大きい スタティックミキサーは液体中の気泡が微細化され接触界面が大きくなる

気体の溶解効率を飛躍的に高めます。

気体を液体へ溶解するプロセスは、温度を低く圧力を高くという原則のほかに、接触界面をいかに大きくするかがポイントです。

スタティックミキサー内では、液体中の気泡が微細化されますので、接触界面が大きくなります。これにより、気体の溶解効率が飛躍的に高まります。

エアレーションプロセス、ビール製造の炭酸ガス吸収プロセス、アンモニア水製造のアンモニアガスの水への吸収プロセスなどに利用できます。

用途例

薬品の自動希釈(混合)装置

食品・飲料の添加剤の注入

排水・空調などの水処理

スタティックミキサーは株式会社ノリタケカンパニーリミテド様の商品です。

この製品に関するお問い合わせはこちらから